金剛筋シャツで効果アリ

ついに 庄司智春が参戦!

話題の加圧シャツNo.1を見逃すな!

金剛筋シャツ


>>金剛筋シャツ公式サイトを今すぐチェック

腹筋はランニングで鍛えることが可能なのか!?

ランニングは、なんとなくダイエットだとか、脚力をつけるだとか、筋トレとは違ったジャンルの運動と認識している人が多いと思います。

 

ですが、ランニングもやり方次第で腹筋を鍛えることができるんです!

 

なぜ腹筋を鍛えることができる?

実は腹筋は誰にでも存在していて、どれだけぽっちゃりな人でも腹筋が割れているんです。
ですが、その割れている腹筋に脂肪がのればのるほど隠れてしまい、腹筋が割れているのもわからないほどになってしまいます。

 

隠れてしまった腹筋を表面に出すには、周りの脂肪を落とす必要があるんです。そのため、ランニングをすることで脂肪を減らし、腹筋を鍛えることができというわけなんです♪

 

腹筋に効果のあるランニング

では、どんなところに気をつけてランニングをすれば、腹筋周りの脂肪を落とすことができるのでしょうか?

 

・呼吸
呼吸は腹筋を意識して、大きめに息を吸うようにしましょう。浅く肺で呼吸をすると、上辺だけの呼吸になり、息切れが激しくなってしまいます。

 

そうすると、疲れるのも早くなりますし、腹筋を意識することができません。

 

・走る速度
走る速度が速ければ速いほど腹筋が割れるというわけではありません。適度に続けられる速度がベストと思ってよいでしょう。

 

ただ、ランニングの場合、速度が遅すぎるとウォーキングになってしまいます。軽く息が切れる程度の速さを意識するとよいですね!

 

また、もし呼吸が苦しくなったり、めまいが起きたりした時は、無理をせずに休憩をしましょう。

 

・走る時間
ランニングの時間は、大体30分程度が理想です。あまり短すぎると効果が出るまで時間がかかってしまいます。

 

休憩をとりながらでもいいので、外の景色を楽しみながらランニングしましょう。

 

ランニングはいろんな効果がある

ランニングをすれば、腹筋周りの脂肪を落とすことができます。そうすればもちろん体重が減りますが、それだけでなく体力をつけることができます。

 

体力がつけば、風邪をひきにくくなりますし、疲れにくくなります。寝る時もなかなか眠れなかったのが寝つきがよくなったり、寝起きがすっきりしたりと、いいことがたくさんあるんです!

 

ランニングをする時間をとれそうな人は、ぜひ健康&ダイエットのためにもやってみましょう!

関連ページ

アブローラーで腹筋をバキバキにすることができるってホント?
アブローラーと聞いても何のことかピンとこない方も多いと思いますが、一般的には腹筋ローラーという名前の方が有名かもしれません。
テストステロンが高いと腹筋が割れやすい理由とは!?
テストステロンという男性ホルモンはご存知ですか?実は腹筋とも深い関わりがあるんです。テストステロンについて知って、より腹筋を効果的にしましょう!
腹筋をして腰痛になった!腰を痛めずにできる腹筋とは
繰り返し腹筋をしていると、腹筋ができないくらい腰痛になったという話を聞くことがあります。腰痛にならない方法はどんなものなのか、チェックしておきましょう!
腹筋は1日何回すると効果的?気になる頻度とは
腹筋は何回するのがベストなのか考えたことはありますか?多ければ多い方が良いのか、もしくは多すぎるとデメリットがあるのか…。腹筋のベストな回数を知っておきましょう!
腹筋の効果がない人必見!負荷の掛け方が間違っているかも…
腹筋をしてもなかなか割れない、効果がないと言う方、もしかしたらやり方が間違っている可能性があります。腹筋をするときの負荷の掛け方ご存知ですか?
腹筋のクランチって何?どんなやり方が正しいかチェック!
腹筋といえばクランチのイメージがありますが、そもそもクランチとはどんな体制が正しくて、どんな効果があるのでしょうか?正しいクランチをして、腹筋を鍛えましょう。
効率よく腹筋をするためのワンポイントを知る!
どうせ同じ腹筋をするなら、効率が良い方がいいですよね。簡単にできて且つ効果の高い腹筋をするためのポイントをご紹介します!
腹筋で腰痛を治すことができるという噂は事実?
腹筋をすれば腰痛が改善できるという噂がありますが、真相はどうなのでしょうか?もし腰痛を治すことができるのであれば、腹筋も鍛えられて一石二鳥ですが…。
最短で腹筋を鍛えるならこれしかない!
この日までに腹筋を割りたい!そんな時に最短でできる腹筋の鍛え方を知っておけば、試行錯誤することなく短い期間で腹筋を割ることができます。どんな方法なのでしょうか?